環境省 環境省熱中症予防情報サイト スマートフォンはこちら 環境省 環境省熱中症予防情報サイト スマートフォンはこちら


  1. ホーム
  2.  >
  3. 暑さ指数
  4.  >
  5. 暑さ指数はなぜ有効なのか?

暑さ指数はなぜ有効なのか?

暑さ指数の有効性について

単純に気温だけでなく、湿度や日差しの違いをも考慮して、熱中症予防につながるのが暑さ指数(WBGT)です。 日々の情報発信の中でも、最高気温だけでなく、WBGT・暑さ指数を参考にすることで、より的確な熱中症予防情報を提供できます。

<例1> 2011年7月6日と9日の例(東京)

例1

7月6日と9日で比較すると、気温は同じだが、最小湿度は9日の方が高いため、WBGTは9日の方が高く出ている。熱中症搬送者数は、6日の50人に対して、94人と大幅に多くなっている

<例2> 2011年7月18日と8月15日の例(東京)

例2

7月18日と8月15日で比較すると、気温は8月15日の方が低いが、最小湿度は8月15日の方が高い。WBGTは8月15日の方が高くなり、熱中症搬送者数は、7月18日の50人に対して、8月15日は100人と大幅に多くなっている

 
暑さ指数(WBGT)とは?
暑さ指数(WBGT)の詳しい説明