熱中症予防情報サイト メニューボタン メニュー表示

熱中症関係府省庁の取組について

熱中症対策実行計画

改正気候変動適応法

気候変動適応法施行規則

関係府省庁の取組

熱中症対策推進会議

指針、手引き、クーリングシェルター・マーク等

熱中症予防強化キャンペーン

令和3年度開始

熱中症対策に関する検討会

令和2年度~

環境省の取組

熱中症関連施策・災害対応

熱中症予防強化キャンペーン

熱中症予防強化キャンペーン(令和3年度~)

「熱中症予防強化キャンペーン」は、「熱中症対策実行計画」に基づき、4月~9月の期間で実施し、政府一体となって時季に応じた適切な熱中症予防行動の呼びかけを行うとともに、狙いを絞った効果的な普及啓発や注意喚起、イベント開催等の広報活動を実施します。

熱中症予防強化月間(~令和2年度)

「熱中症は、一人ひとりが正しい知識を持つことで、防ぐことができます」

政府では、熱中症対策について、関係省庁連絡会議を設置し、各省庁の取組をとりまとめ、その周知に努めていますが、引き続き、夏期には5万人前後の方が熱中症で救急搬送されるなど、多くの方が熱中症になっています。また、近年、熱中症は、職場や学校、スポーツ現場での発生だけではなく、夜間や屋内も含め、子供から高齢者まで幅広い年代層で発生しています。

このため、熱中症に関する普及啓発等の効果をより一層高いものとするため、2013年6月4日(火)に開催した熱中症関係省庁連絡会議において、熱中症に罹る人が急増する7月(1日~31日)を「熱中症予防強化月間」と設定することとしました。

2018年は7月中旬以降、晴れて気温のかなり高い日が続き、熱中症にかかるリスクが高くなると見込まれたため、熱中症予防強化月間を8月31日まで延長しました。さらに2019年以降についても、近年の酷暑を受けて対策より一層推進するために、8月31日まで延長することを決定いたしました。

PC版
モバイル版
携帯版