熱中症予防のための運動指針

注意
(積極的に水分補給)

WBGT温度:21~25℃
気温(参考):24~28℃

WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。
熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。

熱中症予防情報TOP

日本体育協会(2013)
熱中症予防運動指針より