利用規約

第1条(概要)

環境省「熱中症予防情報サイトヘルプデスク」(以下「ヘルプデスク」という。)は環境省が運営する「熱中症予防情報サイト」のメール配信サービス等各種情報コンテンツに関する問合せに対応しています。

第2条(個人情報の定義)

本システムでは、利用者の皆さまからご提供頂く、個人を特定できるような情報(連絡先、お名前、電子メールアドレスなど)を、個人情報といいます。

第3条(個人情報の入手方法)

利用者ご自身が受領する個人識別情報は、ヘルプデスクを利用するために利用者から直接提供していただいたものです。

第4条(個人情報の利用目的)

収集した個人情報に関しては、以下の目的でのみ利用します。

 (1)ヘルプデスクのお問い合わせの回答をするため

 (2)ヘルプデスクを利用者がよりご満足いただけるよう改良するため

 (3)利用者の皆さまの利用状況を把握し、「環境省熱中症予防情報サイト」の提供コンテンツ、機能の改善や新サービスの開発に役立てるため

第5条(ヘルプデスクの利用方法)

本利用規約に同意いただいた後、提示される連絡先にお問い合わせ下さい。ヘルプデスクはインターネットを利用できるパソコン、電話に対応していますが、全ての利用環境に対して、完全な動作を保証しているものではありません。利用者の周辺環境や利用機器により、利用できない場合もあります。

第6条(個人情報の抹消)

ヘルプデスクでは、問合せの際にお聞きした連絡先・お名前等の個人情報について、再度のお問い合わせに対応するために、熱中症予防情報サイトの夏季情報提供期間中(平成29年9月29日まで)は登録・管理いたします。運用期間終了後は速やかに削除いたします。

第7条(セキュリティ対策)

1.利用者の情報の安全と秘密保持を最も重要なものと考え、利用者の情報を不正アクセスや不正利用から保護するための技術的、管理上及び物理的セキュリティ対策を実施しています。

2.万一登録情報が漏洩した場合は、「環境省情報セキュリティポリシー」に基づきネットワークを切断する等の措置を講じます。

第8条(個人情報保護の管理)

利用者の登録情報の保護に細心の注意を払い、適切かつ安全な管理体制でこれを保護します。

第9条(禁止事項)

利用希望者及び利用者は、以下に掲げることを行ってはならないものとします。

 (1)他人の個人情報を登録すること

 (2)ヘルプデスク連絡先に不正アクセスを試みること、意図的に不正な指令を与えること及び不要に高負荷をかけること

 (3)その他ヘルプデスクに障害を発生させようとすること

第10条(第三者への提供)

1.利用者のご承諾がない限り収集した個人情報を第三者に提供いたしません。

2.ただし、以下の場合においてはこの限りではありません。

 (1) 利用者ご本人の同意がある場合

 (2) 法令に基づき開示、提供を要請された場合

 (3) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合

 (4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

第11条(費用)

1.ヘルプデスクへの問合せに必要な電子機器(携帯電話など)は、利用者自らの費用と責任において用意してください。

2.ヘルプデスクの利用料は無料ですが、情報取得にかかる通信料等は利用者の負担となります。

第12条(本規約の改定)

1.本規約は、法令等の要請や個人情報保護の一層の改善のため、適宜、見直し、改定を進めてまいります。

2.本規約の改定を行う場合は、合理的な方法で利用者に通知する、もしくは、利用者に通知なく行う場合があります。

3.本規約が変更された場合、変更後の内容が直ちに適用されます。

第13条(免責事項)

1.環境省が熱中症予防情報サイトにて提供する情報は、気象庁の気象予測結果を基に独自の方式で算出したものもあり、その手法には限界があり、急激な気象要因の変化等、実際の暑さ指数との間に差が生じる場合があります。また、暑さ指数が低い場合でも、周囲の環境、当日の体調、屋外での作業内容などにより、熱中症による事故が起こる場合もあります。

2.提供する情報により、利用者または第三者が被った損害、回線やサーバ混雑等により配信遅延又は未着などにより生じたすべての結果、利用者が虚偽の登録を行い、第三者に対して損害を与える場合もあります。

3.ヘルプデスクのシステムに異常が生じた場合等には、予告なく提供サービスを停止することがあります。

4.上記により生じた利用者及び第三者の損害に対して、環境省は一切責任を負いません。

第14条(準拠法)

1.本規約の準拠法は日本法とします。

2.利用者との間で生じた紛争については、ヘルプデスク機能の提供団体の住所地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。